礫島(つぶてじま)

当店のメニューにもある礫島(つぶてじま)は実際に浜名湖にある島の名前からとっています。 礫島(つぶてじま)は、浜松市北区三ケ日町大崎半島の約400メートル沖にあり、浜名湖唯一の島です。 201478151449.jpg この島には、伝説上の巨人ダイダラボッチにまつわる話があります。 近江(滋賀県)の土を運んで富士山をつくったといわれるダイダラボッチが、その途中、浜名湖近くで昼食をとったのだそう。 その弁当の中に小石が入っていたため、つまんで放ち、その時にできたのが礫島といわれています。 島の岸辺には小さな鳥居が立っており、そこから島の中へと続く小道があります。 201478151529.jpg なお、現在島に上陸することはできませんが、前はこの島に立ち寄る遊覧船があったので 島の反対側には崩壊した船着場の跡や、別の場所には茶店の跡地があるそうです。  
ページ上部へ